看護学生 辞める

看護学校を辞めたいと思った時にみる記事【辞めた時・辞めなかった時】

こんにちは、takashiです。

看護学校に通っている中で

学校辞めたいな…

って考えたことはありませんか?

私のクラスも半数以上が考えていたと思います。

なぜ看護学生は学校を辞めたいと考えてしまうようになるのか、その原因についてお話していきます。

辞めようを決心した人はどのようなことで悩んでいたのでしょうか?

実情を知って現在のあなたの状況と照らし合わせて考えてみてください。

そうすれば

今の自分の置かれている環境を客観的に捉えることができ、今どうするべきかということが見えてきます。

  • 看護学校辞めたい
  • 辞めるには?
  • その後どうする?

このような悩みを持っている人、この記事を読めばこれからどうしていけばいいかがわかります。

今実際に学校を辞めようか悩んでいる人、あなたに向けてお話します。

そして、看護学校を辞めることなく卒業し現在看護師として働いている私の個人的な意見も伝えていきます。



学校を辞める5つの理由

どうして学校を辞めたくなるのか理由は様々あります。

1.大変・キツい

他の大学生と比べてしまうと看護学生の大変さを実感してしまいこのような気持ちになりがちです。

実際、講義・テスト・課題・演習・実習などキツいと感じる要素はたくさんあります。

これが辞めたくなる大きな原因の1つですね。

対策

でもあなただけじゃない、周りの友達も同じつらさの中にいます。

そして大変さが分かち合えるからこそ助け合えるし絆も深まります。

辛い時は仲間に頼って大丈夫!

めげそうな時はクラスメイトの頑張りを励みにしてみるのもいいと思います。

2.思っていたのと違う

おそらく全ての人が初めて勉強する内容になるので、ギャップを感じることになると思います。

理想と現実のギャップを感じるとショックですよね。

そして、そのギャップについていくことができず辞めるという決断に至ってしまうようです。

対策

でも初めて学ぶことなのでもう少し様子を見てもいいんじゃないでしょうか。

1度はあなたが興味を持って選んだ道です、もう少し時間をかけて考えてみてもいいんじゃないかな。

と私は思います。

3.学費が払えない

実際に同級生でこの理由で辞めてしまった友達がいました。

続けたいのに、辞めなければならないのは辛いですね。

でも現実的に考えて起こりうる理由の1つです。
(専門学校でも年間約100万円はかかりますからね。)

対策

でも国や県などの奨学金制度があります、先生に相談してみてください。

もしダメなようなら、病院から借りられる奨学金もあります。

病院によっては、その病院で数年働けば返済免除というメリットもあるようです。

利用できる社会資源を探してガンガン利用していきましょう。

4.気持ちが折れる

今まで何でも卒なくこなしてきた人はちょっとした挫折を感じることがあるかもしれません。

看護師はミスが許されないので、学校でも少しの小さなことでも指摘されます。

それが重なってくると不意に気持ちがポキッと折れてしまうことがあるようです。

対策

でも初めての分野でのことなのだから、当たり前なことなんです。

そんな時はちょっとだけプライドを捨てて、ちょっとだけ受け入れる気持ちを持つとうまくいきます。

気の持ちようで意外とすんなり歯車は回ります。

5.他にやりたいことができた

これは前向きな気持ちの理由ですね。

注意

でも学校を辞めたら簡単に戻ることはできません。

それでも看護師以上にやりたいと思うことができたのなら素晴らしいことですよね。

あなたが真剣に考えて選んだ道ならきっと周りも応援してくれるはずです。

実際の経験談もふまえて、これが主な理由になるでしょう。

辞めるには?

簡単です、学校に伝えるだけです。

ただ、その前に親に相談しましょう。

あなたが看護師になりたいと伝えたとき、親は応援してくれていたはずです。

心配もしています。

それを相談なく辞めてしまわれては、親もとても悲しむと思います。

親に相談して素直な気持ちを打ち明けてください。

続ける、辞めるどちらになろうとも応援する気持ちは変わらないと思います。

辞めたあとはどうなる?

就職するか別の学校に行くかの2択ですかね。

仕事や学校が決まるまでは自由な時間が続きます。

周りのみんなはやるべきことをやっているので、虚無感を感じてしまうかもしれませんが時間はたくさんあるので自分を見つめ直すために使ってみるのもいいと思います。




私の結論

看護学校で色んな人を見てきて、現在看護師として働いている私の結論を言うと、

看護学校辞めなくてよかったし辞めてほしくないです。

私も学生時代は他の生徒と同様、「キツイ」「行きたくない」と感じることも多々ありました。

課題は多いしテストもある。
実習では緊張もするし、指導者も怖い。帰ってからも記録で寝る時間がない。

大変なことを挙げればたくさんあります。

仲が良かった友達が辞めていったりしてしまったりもしてショックもありました。

社会人経験者でもこれだけ感じているので、現役生は尚更大変だろうなって感じます。

それでも何とか頑張って、無事卒業することができました。

もう辞めたいと言っていた現役生も大半が卒業しました。

今も看護師として頑張っていると思います。

私が学校を辞めなくて良かったと感じる理由はこちら!

1.看護師はどこでも働ける

職には困らない!というのが強みですね。

看護師は病院・クリニック・老人ホーム・介護施設・保育園など資格を活かして働ける場所がたくさんあります。

病院は向いてないなと感じたら、他の職場へすぐ就職することができます。

辞めたとしても職場はいくらでもあります。

看護師の資格を持っていれば職で困ることはないでしょう。

今の時代強い資格になるので取っておいて無駄になることはないです。

2.待遇がいい

看護師の魅力の1つです!

職場にもよりますが、看護師は高給料・休日が多い・福利厚生がいいなどという職場を選ぶことができます。

資格がなければ選ぶことができない仕事も看護師の資格を持っていればある程度選ぶことができると思います。

サッと求人誌を見ただけでも、看護職は比較的給料が良くて休みが多いところが多くありました。

待遇が良いところが多いのも看護師の魅力です!

3.給与を貰ったとき

2にも関係しますが、個人的にはこれが1番大きいですね!

私は社会人として色んな仕事をしてきましたが、看護師の給料が1番いいです。

実際給料を貰った時がほんとに頑張ってきてよかったなって実感してます。

現役生であれば同年代の人達よりも確実に給料を貰えます。

現実的な理由を挙げましたが、他にも「人のため」や「やりがい」を挙げる人もいるでしょう。

自分が看護師になった時のことを考えると今を乗り切れることもあります。

「友達の○○が頑張っているから私も頑張れる」という理由も素晴らしいと思います。





まとめ
学校を辞める辞めないは最終的には結局自分で決めることになります。

ただ資格を取ってから「辞める」を選んでみてもいいんじゃないでしょうか。

とりあえず取っておけば、その先の選択肢が増えます。

  • 嫌になったら辞めてもいい。
  • またやりたくなったらやればいい。
  • 働き口はたくさんある。
  • 働き方もたくさんある。
  • パートでも時短でも稼げる仕事です。

とりあえず取っておくにはすごく良い資格だと思います。

こんな意見を参考にあなたの先に道が見えてくればうれしいです(^ ^)

-看護学生, 辞める