病棟看護師 看護師

【性格や退職】病院で働く男性看護師の特徴5選【上手くやっていくコツを紹介】

年々男性看護師の数は増えてきているとはいえ、看護職はまだまだ女性社会です。

そんな女性社会の中で働く男性看護師には特徴があります。

今回は私が実際に男性看護師と接してきて感じたことを伝えていこうと思います。

性格だけでなく仕事を辞めていく理由にも特徴的なものが見つかったので、私の意見もふまえ紹介していきます。

また、おまけ情報として女性社会の中で上手くやっていくコツを教えます。

この記事を読むと男性看護師の特徴について理解でき、その特徴から女性社会で上手くやっていく方法がわかります。

  • 女性社会の中で上手くやっていけるか
  • 数少ない男性看護師と仲良くなれるか
  • 男性看護師の特徴を知りたい


という疑問を持っている人、解決します。

ぜひご覧ください。

目次

  • 病院で働く男性看護師の特徴5選
  • 男性看護師が辞める理由
  • おまけ 上手くやっていくコツ
  • まとめ





病院で働く男性看護師の特徴5選

1. 優しい

基本的なところでまず優しい人が多いですね。

性格だけでなく、態度にも表れています。

患者さんに対してどのようにすれば楽になるか、それを最優先に考えている人が多いように思います。

「患者さん第一」という言葉をいつも持っていると感じました。

2. 丁寧

1つ1つの仕事が丁寧です。

それ故に時間がかかってしまうという欠点もありますが、見ていて丁寧さを感じます。

患者さんと話す時も物腰柔らかく語りかけています。

苦痛の中にある患者さん相手に必要なスキルだと思います。

3. 柔軟

柔軟な考えを持っています。

固定観念にとらわれず、患者さんの個別性を活かした看護を提案しています。

その患者さんを知っているからこその提案なので同時に観察力も必要ですね。

私が見てきた男性看護師は2つとも持っていました。

4. 笑顔

先輩や同僚、患者さんなど誰と話していても笑顔でした。

笑顔で会話するので、女性の和の中でも溶け込んでいました。

忙しい看護師業務の中では、できそうでなかなかできないことですよね。

私も見習おうとしていることです。

5. 態度に出ない

忙しい時、イライラしている時関係なくあまり態度に出ていない印象があります。

もちろん小言を聞くときもありましたが、極まれでした。

内心思っていることを自分で上手に調節していましたね。

忙しいなら素早くこなす、イライラしてたら合間に楽しく会話して発散しているという感じでした。


全部が全部優しい、笑顔でいるとかそんなことはないんですが、これが私が男性看護師と接してきて感じた特徴です。

中にはサボリ気味な人やササッと適当に処置を済ませてしまうような男性看護師もいました。

でも良いところをピックアップするとこんな感じになります。


男性看護師になってわかったこと


男性看護師が辞める理由

続いて男性看護師が仕事を辞める理由について話していきます。

1. 女性社会に馴染めず

女性中心の職場なので馴染めずに実際に辞めていった人もいました。

多分その職場が合わないだけで、他の職場ではやっていけてると思います。

ただ心の病気になってしまうと復帰も大変になってしまうので気を付けたいところです。

後述する、女性社会で上手くやっていくコツを参考にがんばりましょう!

2. 結婚

同じ病棟内で結婚して男性が辞めていくという例もありました。

女性を優先に考えてのことなんでしょうかね (^-^)

「優しい」男性看護師なんですね、きっと。

職場内結婚ではこういう辞め方もあるんですね。

3. 給料の良いところへ転職

定年まで働き続けることを考えて、今より待遇が良いところへ転職する人もいました。

これは看護師だけでなくて一般的にみてもあることですね。

ただ看護師は職が決まりやすいのでこういった考えを持っている人は多いと思います。

私も良い職場がないか常にアンテナは張っています。

4. 希望科に配属されなかったため

男女問わずかもしれませんが、配属先に不満があり辞めた人もいます。

自分の望むところで経験を積みたいと考えていたんでしょう。

配属されたら最低3年位はその科で働くことになります。

目標があって、遠回りしたくない場合は仕方ないことですかね。


実際に男性看護師が辞めていった理由についての解説でした。

ちなみに1番多かったのは3でした。

おまけ 上手くやっていくコツ

1. 笑顔でいる

話しかける時、話しかけられた時など常に笑顔でいることを心がけるといいでしょう。

やっぱり印象は大事です。

緊張していて難しいのであれば口角だけでも上げましょう。

口元はマスクで見えませんが表情は柔らかくなります。

これだけでもだいぶ変わるはずです。

2. こちらから話しかける

相談や質問など、何でも構わないのでこちらから話しかけていきましょう。

雑談でも話しかけると笑顔で答えてくれる人は多いです。

ただ、緊張して深刻な顔で話しかけるのはやめましょう。 

相手も構えてしまいます。 笑

話しかける時は柔らかい表情でお願いします。

3. 分け隔てなく接する

話しかけるのも笑顔でいるのも特定の人にだけしていてもダメです。

苦手な人にも分け隔てなく同じように接してください。

そうしていれば、意外と相手から話しかけてくれたり、気を遣ってくれたりしてくれます。

これもわりと大事なことです。

4. 仕事ができる

女性社会の中で男性は目立ちます。

仕事ができない男性はさらに目立ちます。

忙しい業務の中で仕事ができないとそれだけで上手くやっていくことはできません。

最初のうちは大変だと思いますが徐々に仕事をこなせるよう努力をしていきましょう。

仕事ができる=上手くやっていける、ということになります。

5. 真面目でいる

サボらない、楽しない、ですね。

仕事に真面目に取り組む姿は、みんな見てくれています。

続けていれば評価してくれます。

時間はかかりますが継続していくことが大切です。





まとめ

男性看護師の良い特徴をまとめました。

みんながみんなそうというわけではありませんが参考にしてみてください。

ここまで読んでくれた方にさらに重要なアドバイスをします。

いつも謙虚に素直に学ぶ姿勢を忘れずにいてください。

これがさらに上手くやっていくコツです。


看護師関連の記事は»こちら

看護学生の記事は»こちら

-病棟看護師, 看護師