病棟看護師 看護師

【きつい?】看護師の夜勤って何するの?【夜勤業務一覧はこちら】

看護師1年目の人はそろそろ夜勤に入り始める頃ではないでしょうか?

日勤の業務にも少しづつ慣れた頃、次のステップとして進むのが夜勤です。

初めての夜勤は緊張・不安、初めての経験なので恐怖もあると思います。

私も夜勤の入りたては、緊張と怖さでいっぱいでした。

でも、事前にある程度夜勤の業務について知っていればその思いも軽減されるはずです。

そこでこの記事では、夜勤業務の内容について解説していきます。

この記事を読むと、夜勤では何をするのかが理解することができ知識を得た状態で夜勤に望めることができます。

それは不安の軽減や緊張の緩和にも繋がることなので1度、目を通しておくことをおすすめします。

大変なイメージのある夜勤ですがメリットもたくさんあります。

おまけとして書いておくので見てみてください。(^-^)

この記事は次のような人に向けて書いています。

  • 初めての夜勤が不安だし緊張する
  • 夜勤って何するのか知りたい
  • 夜勤をするメリットを知りたい



目次

  • 看護師の夜勤って何するの?
  • ・夜勤業務一覧
    ・夜勤特有の業務

  • 夜勤のメリット
  • まとめ






看護師の夜勤って何するの?

病院により順番は違うと思うので、順不同で説明します。

夜勤業務一覧

1. 夜勤中の点滴の準備・点滴交換
2. 物品・残量チェック
3. 排泄量チェック
4. 翌朝の薬の準備
5. 翌日の採血・検査・手術の準備
6. 朝のバイタルチェック
7. 採血・血糖値測定
8. 朝の配膳・下膳・与薬
9. 巡視
10. 日勤者へ申し送り
11. 患者の情報収集
12. ナースコール対応
13. オムツ交換・体位交換
14. 緊急入院対応
15. 急変対応
16. 記録

だいたいはこんな感じです。

1~10は夜勤特有の業務
11~は日勤と同じ業務内容って感じですね。

夜勤特有の業務

ここでは夜勤ならではの業務について解説します。

1. 夜勤中の点滴の準備・点滴交換

・点滴のミキシングや点滴交換を行います。
・情報収集をしっかりとして点滴の交換時間や開始時間を把握しておきましょう。

2. 物品・残量チェック

・日勤中にできない、薬品や救急カート内の物品チェックを行います。
・酸素ボンベなど消耗品の残量チェックなども行います。

3. 排泄量チェック

・尿量や排液量をチェックします。
・病院によって決まった時間にするようです。
(ただ溜まっていたら定期的に破棄しましょう。)

4. 翌朝の薬の準備

・翌朝スムーズに業務をこなせるように薬の準備も行います。
・経管栄養をしている人はその準備も忘れずに。

5. 翌日の採血・検査・手術の準備

・患者情報と物品などを照らし合わせて準備していきます。

6. 朝のバイタルチェック

・朝の検温です。
・1人あたり10~15人位の患者さんを受け持つので手早く回りましょう。

7. 採血・血糖値測定

・検温と同時に行なっていきます。
・事前に、どの患者さんに行うのか確認しておくとスムーズにいきます。

8. 朝の配膳・下膳・与薬

・少ない夜勤者で行わなければならないので効率的に行いましょう。
・下膳と与薬はセットで行うといいでしょう。

9. 巡視

・生存確認と環境整備、輸液ポンプの確認をしましょう。
・患者さんがトイレ等に行くとき転ばないよう、環境整備は意外と大切です。

10. 日勤者へ申し送り

・夜勤であったことを日勤者に申し送ります。
・日勤者は忙しいので報告することをある程度まとめてから行いましょう。

11~は日勤時と同じ業務になりますが、看護師の人数が少ないので日勤時よりは負担があります。


また、私は3交代制なんですが2交代制の場合は、

・夜の患者の観察・バイタルチェック
・夜の配膳・下膳・与薬
・就寝準備

などがあると思います。

夜勤のメリット

高収入

・私的にこれが1番です!
・看護師はむしろこれで稼いでいるようなもんです。

能力の向上

・看護師人数が少ないので任される仕事も多くあります。
・急変時や入院対応などの対応能力が磨かれます。

日中に自由時間がとれる

・日勤者が忙しく働いているときにそれを横目で帰るのは気分が良いです。笑
・夜勤後は眠気も冴えているので寄り道して帰るのも楽しいです。(^^)





まとめ

夜勤業務をざっと16個も出してしまいましたが、1つ1つの作業量は大したことないです。

急変や緊急入院がなければ落ち着いて過ごせます。

むしろ余裕があるので患者さんの情報を細かく収集できて日勤時に活かせるでしょう。

それでも大変だと思うときにはメリットに全力に目を向けてください。

手当が貰える・明日の朝には帰れる・終わったら何しよう、など。

私はそんなことで頭をいっぱいにして夜勤を乗り切ってます!

緊張の夜勤でも1人じゃありません。

わからなければ先輩に頼って大丈夫、気楽にいきましょう。


夜勤で大変なこと5選・メリット5選 »こちら

疲れをためない夜勤明けの過ごし方 »こちら

-病棟看護師, 看護師