授業・実習 看護学生

【看護学生必見】ズバリこれ1択!使いやすい最強のメモ帳と使い方

こんにちは、takashiです。
今回も看護実習生に送る情報を発信していきます。

看護実習の辛さは経験した人じゃないとわかりません。

経験者の私が言います、「実習はとても辛いです」

なぜ辛いかというと原因は主にこちら。

  • 記録が多くて大変
  • 寝る時間が取れない
  • 情報量が多すぎて追いつかない などなど


このようなことから何がわかるかというと時間が足らないということ。

そう、実習中は圧倒的に時間が足りないんです、なぜか?

それは、記録に取り掛かる前にまずその日得た情報を整理しないといけないからです。

必要な情報を見つけ出す時にいちいち時間を取られてしまうから切羽詰ってしまうのです。
(実際私がそうでした…)

じゃあどうしたらいいんだろうと考えた結果、たどり着いたのがメモ張です。

結論から言うとメモ帳の選び方・メモの仕方で時間の使い方がかなり変わります。

この記事を読んでもらえれば、メモのとり方が格段に上達し、必要な情報をすぐに見つけ出すことができ実習が以前よりもスムーズに行えるはずです。

探す手間も省けるので時短につながり余裕がもてるようになるでしょう。

記録も以前より早く終わり睡眠時間もたっぷりとれることでしょう(^ ^)
(私は5時間位の睡眠は取れていたと思います)

ではそのメモ帳をどうやって選べばいいのか?

今回はメモ帳ならこれ1択!とその使い方まで紹介します。

また、以後の実習にも活きる見やすいメモ帳ができます。
1年目からこれを実践できれば実習の時間を有意義に使えることができます。

それでは早速、どんなメモ帳が使いやすい? スタート!



ズバリこれ1択!使いやすい最強のメモ帳



メモ帳はこれです!

ルーズリーフのメモ帳版。綴じ具を開いて好きな場所へリーフの交換ができます。

同じ分類にまとめたい時や情報を新たに挿入したい時にとても役立ちます。

情報をまとめられる、書き直さなくていい!というところが私はとても気に入っています。

サイズはナース服のポケットに入るA6がいいでしょう。

カラーバリエーションも豊富で好きな色を選んでください!

使い方

私が学生時代色んなメモ帳を使って比較した結果、まずメモ帳は学習用メモ用の2冊あるといいです。

学習用

  • 実習の総まとめになるメモで上記のメモ帳を使用し、疾患症状や検査の基準値、手術方法や合併症などを調べ記入していきます。
  • 今までの実習で学んできた知識を記録し、見やすいよう分類別に場所を入れ替えることができるのでとても便利です。
  • 1度書いてしまえばまた調べ直すこともなくなるため時間の節約にもなります。

メモ用

  • 使い捨てなので100均などの安いものでいいです。
  • メモ用だから結果読めればいいので、丁寧に書く必要はありません。先生や指導者、患者さんが言ったことを忘れないようなぐり書きでもいい位だと思います。
  • 表面と裏面の両側から使うと見やすくなります。(表面からはその日得た情報、裏面からはカルテからの情報など)
    実習が終われば個人情報が書かれたメモ用紙は破棄するため、次の実習でも同じように表と裏面を使えるようになるので安心です。

 

これが自分の看護学生時代3年間の実習の中で気づいたこと、友人から教えてもらったことでたどり着いた最強のメモ帳の使い方。

メモ帳を眺める時間が少なければ、病棟内でも記録を進める時間が確保できます。

私はこれで睡眠時間を1時間伸ばすことができました!

圧倒的に時間が足りない看護学生にとってメモ帳はとても重要です。

たかがメモ帳ですが侮ることなく選んでください!

ちなみに看護師となった今もこのメモ帳を愛用しています。
むしろ看護師になってからの方が情報を整理するのにこのメモ帳が必要となっている気がします。


この記事を参考に皆さんの実習が価値のあるものへとなることを期待しています。

その他看護学生についての記事は»こちら

-授業・実習, 看護学生