入学・入試 看護学生

【特徴・学費】看護学校と准看護学校どっちがいいの?【簡単解説します】

こんにちは、takashiです。

看護師を目指す人にとっての最初の悩みが、看護専門学校or准看護学校どっちがいいのか?

だと思います。そこで…

  • 看護専門学校、准看護学校の違いを知りたい(特徴、授業時間、費用、就職先)
  • 職場での立場的な違い
  • 入学までの流れを知りたい(試験内容、種類について)

といった悩みを持っている方に解説をしていきます!

看護専門学校と准看護学校の違いが理解できれば自分にとって最適な進路を見つけられるはずです。

私は社会人を経験してから看護師を目指したので学校については散々調べました。

その経験や知識をもとに説明していきます。

おまけ情報として看護学校に安く行ける方法も紹介するのでぜひ参考にしてください。

目次

    1.看護専門学校と准看護学校の4つの違い

    2.看護師と准看護師の働き方

    3.看護学校の入学までの流れ

では早速いきましょう!



1.看護学校と准看護学校の4つの違い


私が知っている情報のなかから、特に知っておくべき情報を紹介します。

特徴

<看護専門学校>
・高校卒業後に入学
・最短3年で看護師になれる
・基礎知識をもとに実習に臨める
・実習が多く実力が身につく

<准看護学校>
・中学卒業後に入学できる
・最短2年で准看護師になれる
・社会人経験者が多い
・実務経験や学校に通えば看護師になれる
・学費が安い

専門学校は忙しいと思われていますが、放課後アルバイトすることはできます。

私はアルバイトで月6~7万円は稼いでました!

授業時間

<看護専門学校>
・基本9:00~16:00位(学校により異なる)
・半日で終わることや休みになることあり

<准看護学校>
・半日授業で半日病院勤務(病院勤務は学校により異なると思います)
・全日制のところもあるようです


准看護学校は体力的にキツいのは覚悟しておいた方がいいかも。

費用

<看護専門学校>
・年間約100万円程度(3年間の通学で300万程度)

<准看護学校>
・年間約50~70万円程度(看護師にキャリアアップするために再度学校へ進学するとなると+α必要になります)

将来的に看護師を目指すのであれば専門学校の方がお得かも。

就職先

<看護専門学校>
・ほぼ病院

<准看護学校>
・学生時代に働いていた勤務先
・准看護師が働いている病院
・クリニック

働きたい職場があるのなら大事なとこですね!

2.看護師と准看護師の働き方


看護師と准看護師の業務内容はほぼ同じ。

ただ、昇進・キャリアや給与など待遇に差がある。

3.看護学校入学までの流れ

両方ともほぼ流れは同じだと思います。

願書提出→入学試験→合格→入学手続き

専門学校の場合、推薦や一般試験、社会人試験など種類があります。

また試験日はだいたい専門学校→准看護学校の順に行われると思うので専門学校を受験してから准看護学校を受けるのもありかなって思います。


<試験内容>

専門学校…小論文、国語、数学、(英語)、面接
准看護学校…作文、国語、面接


小論文と作文の違いなどから准看護学校の方が難易度は低めになっています。

科目の出題レベルも専門学校は高卒程度、准看護学校は中卒程度かなって感じでした。

学校によっては過去問も販売されているので手に入れれば対策もたてられます。

最後におまけ情報

看護学校に安くいく方法

  • 都道府県や自治体の奨学金を受ける
  • 学生支援をしている病院に志願し奨学金を受ける
  • 社会人経験者であれば教育訓練給付金を受けられる

といったものがあります。特に教育訓練給付金は受けられればかなり学費の負担減になるのでオススメです!

個人的な経験や意見も含めざっと簡単に説明しましたが、行きたい学校については自分で調べてみるのがいいでしょう。

無料で資料請求できるのでぜひ活用してください。
「看護」で検索すれば色々な学校が出てきますよ。

またオープンスクールにもぜひ行ってみましょう。学校の雰囲気を知れたり、試験に備え場馴れする意味でもいいと思います。

あなたの希望に合う学校が見つかるといいですね。


参考にしてください(^ ^)




看護学生についての記事は »こちら

-入学・入試, 看護学生