入学・入試 看護学生

【あなたが今できること】30代社会人、看護師になりたい【理由とメリット】

こんにちは、takashiです。

看護師を目指す理由は人それぞれあると思います。

今回は30代で看護師を目指した私の経緯を紹介していきます。




社会人経験者の私が看護学校を目指した理由


私は、自分は何の仕事がしたいのか見つけるために色々な仕事を経験してきました。

自分のやってみたいと思った仕事をしてみたり、社会に貢献できる仕事をしてみたり、あとはお金を稼げるような仕事をしてみたり、など。

やりたいと思った仕事でもやってみないとわからないこともあり、例えば...

  • 自分のやってみたい仕事は年数を重ねてもキャリアを積めない
  • 社会に貢献できる仕事は楽しかったけど給与が低く生活が成り立たない
  • お金を稼げる仕事はノルマがあり精神的にきつかった



でも仕事を転々としていても仕方がないので気持ちを固めました。

これと決めて働き出したらもうそこで働いていくだけだと。

で、結局それまでの仕事を辞めてしまうことになるんですけど、経験することで見えてくるものがあったので自分なりにこれは価値があるものだったと思います。

そして今までしてきた仕事の、自分が感じたデメリットを看護師という仕事はカバーしてくれていると実感しています。



看護師のメリット

  • キャリアが積めない → 技術や知識が身につけられキャリアアップを狙える
  • 給与が低い → 夜勤があり大変でも若いうちに稼げる、ボーナスはしっかりと支給される。
  • 精神的にキツい → その職場が辛くなって辞めたとしても次がある、国家資格なのではっきり言って職場はいくらでもある。



看護師の仕事は実際ハードですけど、今までのデメリットをこのようにカバーしてくれています。
メリットは他にもまだまだありますけどね。

あとはもうこの道でがんばっていくだけです。

道が決まればそれに集中できるので成長も早いと思います。

遠回りをしているように感じるけど、自分にとっては必要だった経験でこれがなければ看護師に興味を持たなかったかなって思います。なので私が看護師を目指した理由はこのような経験があったからだと思っています。

ストレートで看護師になっていれば今の年齢ならキャリアも積めて役職につけていたかもしれませんけど、やりたいことはやってきたので後悔はないと思ってます。

これまの道のりは色々と悩みも辛さもあったけど、その経験も今は大事な経験の一つとなっています。

今まで経験してきた辛いことはこの先必ず役に立ちます。


私の場合は、たとえ今辛いことがあったとしてもあの時のあの辛いことに比べれば今のつらさなんか大したことないなって思えるようになりました。(笑)

いつまでも現状に甘えていたらダラダラと過ごしてしまうだけで時間がもったいないです。

いつか行動を起こしたときにもっと早く行動しておけばよかったと後悔します。
(私がそうだったので)

看護師を目指そうか迷っている人へ

看護師を目指そうか迷っている人がいるならとりあえず看護学校の入試勉強をしましょう。

目指したところで1年目で看護学校合格できるとは限りません。

もし不合格になってしまえばもう1年試験まで待たないといけないですからね、その1年がとてももったいないです。

看護師になろうかどうかなんて看護学校を合格してから考えればいいです!

本気で目指したとき不合格になったらほんとに後悔しますよ。今から勉強しましょう!

その頑張りはムダにはなりません!



あなたが今できること


看護師として働いている今思うことは、何かをやるのに遅すぎることはないけど、早くやるに

越したことはないってことです。

何かを「やる」ことに対して行動できることは素晴らしいことだと思います。

ただもっと早く決断しておけばその分キャリアも積めるし、先の可能性も広がったかなって思ってます。

看護師だけじゃなくて何かをしようか迷っている人がいるなら今やろう!

これが何かの始まりのきっかけになればいいなと思ってます。

看護学校を目指そうという人は»こちら

-入学・入試, 看護学生