授業・実習・国試 看護学生

【おすすめ】合格できる!看護師国家試験の勉強法5選【成果あり】



・国試の勉強法を知りたい
・勉強のコツって何?
・効率よく勉強したい!

こう考えている人、ぜひご覧ください。

国試の合格率を上げる勉強法があります!


それぞれのタイプに合った勉強法があるので自分に当てはめて見てみてください。

現役看護学生の合格率は約95%に対し、既卒者の合格率は約30%です。

学生はこの1回で決めなければ、合格率はかなり下がります。

それほど1度目の試験は重要です。

この記事を見て、自分に合った勉強法を見つけましょう。

確実に合格率はUPします!

私もこの方法で合格できました!

結果がこちら




あなたにもピッタリの勉強法があるはずなので参考にしてください。


あなたの大学教科書・専門書・医学書 高く買います!!全国送料無料「専門書アカデミー」


合格できる!国家試験の勉強法5選

必要なものはコレだけでOK!

持ち物

  • 勉強資料(過去問題集・模試の問題集など)
  • ノート
  • 筆記用具
  • スマホ

1. 一人で勉強する

  • ひたすら過去問を解く
  • 5年分位の過去問で良い
  • 解答の説明文もしっかりと読む

一人で集中できる分、解くスピードも早いです。

そして、繰り返し解くことで覚えることができていきます。

個人的には10年前の過去問を解いても参考にはならないと感じます。

それよりは過去5年分を何度も繰り返し解き、記憶に刻んでいくほうが得策です。

やる気やモチベーション、期間などを考えると5年分を2周できればいい方だと思います。

集中できて気が散らない、そして「勉強しなきゃ!」と周りの環境にも刺激される勉強場所がおすすめです。

オススメの勉強場所 学校・図書館・家

2. みんなで勉強する

  • 問題を出し合う
  • わからない問題を相談する
  • 教えてあげる

問題を出し合い楽しみながら覚えていきます。

勉強の中に楽しさが加わるので持続できる方法です。

インプットとアウトプットの両方を活かした勉強なので効率が良いです。

教える、教わるといった会話の中で学べるので印象に残りやすく、会話の流れの中で思い出しやすいのが特徴です。

一人で勉強を始め、飽きたらみんなと勉強するといったこともできるので勉強場所は学校がおすすめです。

オススメの勉強場所 学校・家・ファミレス

3. 先生に質問する

  • すぐに解決する
  • 理解が深まる
  • 専門的に理解できる

自分で調べて理解するのも大事だけど、国試までは時間がありません。

わからない問題は先生に聞いて、即学んだほうが近道だと思います。

さらに専門的に教えてくれるので知識も深まります。

国試に関しては先生の方が詳しいので、全力で頼りましょう。

看護師への最後の関門、国試なので先生も全面的に協力してくれます。

納得できるまで、聞こう!

4. 国試対策ゼミに参加する

  • 随一でわかりやすい
  • やる気がUPする
  • 短期集中で学べる

国試専門の講師なのでかなりわかりやすいです。

そして、勉強も国試に特化しています。

不要な部分は全て省いて、完全国試のみ。

「この分野は勉強しなくていい!」など勉強範囲についても教えてくれます。
(ゼミによると思いますが)

国試の情報を教えてくれるのはありがたいですよね。

予想問題もオリジナルで用意しています。

私が行ったゼミの予想問題からは、実際に2問出題されました!

また、ゼミに参加している生徒は意識も高いので自分のやる気も上げてくれます。

知識、国試情報、モチベーションUPを与えてくれるゼミは、参加する価値は充分にあります。

5. 隙間時間を活用する

  • 何気に効果あり
  • 他者と差をつけられる
  • 合計すればかなりの学習時間になる

昼休みや寝る前、移動時間など隙間時間はわりとあります。

そんな時間を活用できれば、他者と差をつけることができます。

なぜなら他の人は大抵、隙間時間に勉強なんてしてないから。

「自分はちょっと遅れているな」「模試で良い点が取れなかった」という人は特にこの時間を活かしたほうがいいでしょう。

差をつける、差を縮めるという点では有効な勉強法になります。

勉強するときの4つのコツ

1. 間違えたところを理解する

模試や過去問で間違えた問題の間違えたところをしっかりと理解することが大事です。

何をどう間違えたのか、「問題単体」でではなくその「内容」をきちんと学びましょう。

問題だけを覚えても、同じ問題が出なければ意味がありません。

内容を理解できていれば、応用がききます。

そういったところの差が地味に響いてきます。

ヒント
・誤りを見つける問題では、どこが誤りなのか
・正解を見つける問題では、他のどこが誤りなのか、など

2. ノート作りをする

間違えた問題のみノートにまとめましょう。

正解した問題を復習するよりは、間違えた問題を復習するほうが点数UPに繋がります。

過去問に飽きた時や隙間時間、気分転換の時などにサッと見れるようにしておくと良いですね!

間違えたということは、自分の苦手分野ということ。

苦手をまとめたノートが役に立たないはずがありません。

そのノートこそが合格の鍵です。

3. 3回連続で正解した問題は飛ばす

3回も連続で正解した問題はもういつやっても正解です。

その問題に時間を費やすくらいなら、1問でも多く他の問題を解きましょう。

私はこうやって時間を有効に使っていました。

ただ、油断は禁物なので忘れた頃にもう一度解き直してみましょう。

そこで間違えたらまだ甘い。

復習して確実にしておきましょう。

4. 必修から取り組む

国家試験の必修問題は全50問。

そのうちの80%以上(40問)は取れていないと問答無用で不合格です。

たった10問しか間違えられないので、大事にしないといけません。

そのために必修から取り組む方がいいでしょう。

しかも必修は基礎的な問題なので、勉強する順番としても必修 → 一般・状況設定問題が理解しやすいです。

必修で45問は正解できるようになってから次に進むことをオススメします。

実際の私の勉強の仕方

国試勉強の進行について簡単にまとめました。

~12月中旬 実習
12月中旬~ 国試(必修)勉強開始
1月上旬~ 一般・状況問題開始
1月下旬~ 必修、一般・状況問題の復習

学校や図書館で主に一人で勉強し、ゼミにも3日間参加しました。

隙間時間を活用し、4つのコツも実践しました。

私は、この方法で国家試験に1発で合格できました!

効果は実証済ですので、ぜひ参考にしてください。


私が使っていたシリーズです。




まとめ

国試は1発で受かることが1番大事です。

2回目では学校などのサポートがなくなるうえ、モチベーションも下がりその結果合格率がガクンッと落ちます。

こんな勉強もう2度としなくても済むように1回で決めましょう!





-授業・実習・国試, 看護学生