入学・入試 看護学生

【看護学校入試対策】数学で差をつける参考書・問題を解く3つのコツ

数学ってどうやって勉強すればいいの?

このような悩みを解決します!

確かに数学は先に進むにつれ、難しさが上がっていきます。

そして、1度つまずくと点数がガクンと落ちてしまいますよね。

その原因は1つ、基礎がわかっていないからです。

だからその先の関連問題まで解けないんです。

そこから苦手意識が出てきて諦めてしまう人もいると思います。でも実は…

数学には攻略法があります!


苦手でも問題ありません。

その攻略法に当てはめて解いていけば今よりも点数が取れるはずです。

私はずっとこの方法で数学の問題を解いてきました。

そこで今回は、数学が苦手でも問題ない理由と勉強のコツ、そして実際に私が使っていたオススメの参考書を紹介していきます。

  • どう勉強したらいいかわからない
  • 苦手だけど大丈夫?
  • コツはあるのかな?

そんな疑問を持っている方必見です。


この記事を読み、今回紹介する参考書で勉強することによって数学の理解度がグっとアップします。

数学は苦手意識を持っている人が多いので、できるようになればライバルとの差を引き離すことができます。

それで私は、10ヶ月で看護学校に合格することができました!



 
 

数学が苦手でも問題ない理由

それは公式を覚えるだけだからです。

そして問題に当てはめていくだけ。

これで解けます。

簡単に言いましたが、本当にこれで解けます。

実際私が看護学校入学を目指し勉強し始めたのは、高校を卒業してから10年ほど経ってからです。

10年のブランクがあっても、数ヶ月の勉強で入試に合格できました。

元々数学得意だったんじゃないの?と思うかもしれませんが、最初は中学の基礎問題から解けませんでした。でも、

結果、問題ありませんでした。


なぜなら、公式を覚えて当てはめただけだからです。

公式さえ覚えておけばあとは計算するだけです。

最初は苦労はしますが時間をかけ1つずつ理解していけば少しずつできるようになります。

誰でも最初は1からのスタートです。

もう1度言います、問題ありません!
 
 

問題を解いていく3つのコツ

1. 基礎ほどしっかりと理解する

数学は基礎が土台になっているので、その土台がわからなければ応用問題もわかりません。

例えば足し算、引き算、掛け算がわからなければ割り算はできません。

基礎である足し算、引き算、掛け算を理解することが大事です!

そして、数学の基礎とは「公式」です。

2. 公式だけは絶対覚える

数学は公式がないと解けません。

逆を言えば、公式さえ覚えていれば問題は解ける!

公式の形だけじゃなくて、XやYは何を指しているのかも合わせて覚えていくと理解しやすくなります。

公式を覚え、基礎問題をとにかく多く解くことが大事。

できたら応用問題で特訓です。

3. 試験ではまず余白に公式を書く

試験が始まったらまず、空きスペースに公式を書いちゃいましょう。

何度も思い出す時間ももったいない。

忘れないうちに公式を書いておけば、後はそれを見て落ち着いて問題に取り組むことができます。

そしてわからない問題は飛ばしましょう。

さっさと飛ばしてわかる問題から解いて点数を稼いでいくのです。

全て解けたら次に、解けそうな問題から片付けて行きましょう。

どうやっても解けない問題に時間を費やすのはムダです。

サッと説明しましたが、継続して勉強していけば確実に数学はできるようになります。

数学で差をつける参考書はこちら!

そして、数学攻略のために必要なのがこちらの参考書。

私が本屋で色々な参考書を吟味した結果、

医療看護系入試のための数学の参考書はこれが最適です。


中学の復習問題からわかりやすくまとめられていて、数学で絶対に覚えておかなければならない公式などについてもきちんと解説されており理解しやすかったです。

価格やボリュームをふまえ1番納得できた本です!

手に取る価値アリです。





まとめ
数学は苦手な人が多い分、できるようになれば他人との差をつけることができます。

合格に大きく1歩近づきます。

苦手意識を持たずまず公式だけ、とにかく公式だけ覚えてください。

それだけでできる問題があります。

数学を味方にすれば強い!

皆さんが望むところへ行けるように応援してます!





-入学・入試, 看護学生