就職 看護学生 看護師 転職

【看護師・看護学生】病院に採用される志望動機の書き方【簡単3ステップ】



就活のとき志望動機を考えるのが1番面倒くさいのよね…。

確かに病院の就職試験を受ける時、1番厄介なのが志望動機です。

病院側も最も気にするところなので粗末には書けません。

そこで今回はそんな志望動機の

  • 何を書けばいいの?
  • どれくらい書けばいいの?
  • コツは?

という疑問を解決していきます。

結論、志望動機は簡単3ステップで書けます。


これだけ書いておけば大丈夫!という項目を説明していきます。

この記事の中で紹介する方法で書けば、あなたらしい説得力のある志望動機に仕上がります。

そして最後に、私が実際に病院に応募し採用された時の志望動機を例文として紹介します。

ぜひ参考にしてください。

例文そのままで書いていては絶対に受かりません。

takashi
個別性のある志望動機が採用への第一歩!



看護求人 JobMedley

志望動機の書き方

次の3ステップで書いていけば完成します。

step
1
看護師を目指した理由

看護学生の場合は看護師を目指した理由、転職の人の場合は前職ではどのようなことをしてきたかを書きましょう。

どういう経験があって、どう考え看護師になったのか。

前職では何を経験し、どんな意識を持って働きどう考えるようになったのか。

まずは自分はどういう経験をしてきてどういう人間なのか、「人となり」を伝えていきましょう。


step
2
志望先の魅力

1番重要なところです。

志望先にとってあなたにはどんな魅力があるのか伝えます。

その志望先の特徴とあなたが感じるメリットを関連付けて書けるとベストです。

志望先の特徴は、一言じゃなく詳しく書いておくと尚、印象UPです。

特徴や魅力とは、例えば

  • 教育体制が良い
  • スキルアップ・キャリアアップが目指せる
  • 専門的な知識が身につく
  • 復職者が働きやすい
  • 地域貢献度が高い、などです


step
3
将来どうなっていきたいか

就職したあと、自分はどうなっていきたいかをアピールします。

早期に辞める予定であっても、長く働いていくことを前提に書いていきましょう。

不利になることはあえて書く必要もないですよね。笑

例えば、

  • 認定・専門看護師になりたい
  • 地元地域に貢献できる看護をしていきたい
  • 志望先ならではの技術を磨きたい、など


志望動機を書くときの5つコツ

前述のステップを参考にしながら、次の5つのコツを意識して書いていくとさらに完成度の高い志望動機に仕上がります。

これを意識する・しないで仕上がりはかなり変わってきます!

1. ポジティブ思考で書く

ひと言でもネガティブな文は書いてはいけません。

前の仕事を早期退職した、職を転々としているなどのマイナス面でもポジティブに置き換えて書きましょう。

マイナス面でも、伝え方でどうにでもなります!

  • 早期退職 → やりたいことが見つかった
  • 30・40代での転職 → 経験を活かし成長したい
  • 職を転々 → 幅広い知識が身についた、など
takashi
マイナス面はポジティブ思考に直して書こう!

ネガティブ → ポジティブへの変換は調べれば出てきますよ。


2. できるだけ具体的に書く

あなたの経験・そう考えた理由・志望先の特徴・魅力・将来像などはできるだけ具体的に書きましょう。

志望先があなたをイメージしやすいように。

具体的に書けば、それは根拠につながり説得力が強まります。

そこまで書ければ、あなたの個性が出た素晴らしい志望動機になります。

3. 待遇や給与に関しては書かない

志望した理由第一位がそれでも絶対書いちゃダメです。

書いて採用されることはないでしょう。

他の魅力を見つけて、それを自分に結び付け書いていきましょう。

4. 不利になることは書かない

前述したように、たとえ短期で辞める予定であっても書いてはいけません。

そんな人採用するわけないですからね。

実際、長期で働く予定の人でも職場が合わなくて早期退職する人もいます。

志望先もある程度のリスクと覚悟を持って採用しているので、その辺は大丈夫。

takashi
何事も正直に書く必要はない!


5. 8割は埋める

欲をいえば、欄の9割は埋められるといいですね。

どうしても文で8割埋められない時は、文字の大きさで調整しちゃいましょう!

例文紹介

私が実際に使用し採用された際の志望動機です。

こちらを参考に、アレンジしてみてください。

※赤い数字はステップ1、2、3です。

私のおすすめは 看護roo の例文集です。
参考までに貼っておきます。




まとめ

基本的に、志望先は1度しか受けることができません。

そこが第一志望であるなら本気で臨みましょう。

まずは志望動機で差を付けることが大事。

看護師は個別性と根拠が好きなので、そこを意識すると目に止まる志望動機が書けるはずです。

気を抜かず頑張ってください!




-就職, 看護学生, 看護師, 転職